カテゴリー別アーカイブ: 中国

鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県

私の子供の頃・・・ 島根県 うめごん様

私の子供の頃は、貧乏で小遣いなどなくよく1リットルのビン(コーラ)などを売っては小遣いにして駄菓子屋さんの所で行ったものです。今の子供はそのような経験をする子は少なく物流も豊富の為あの、駄菓子屋での1個10円のお菓子をどれを買うか心がわくわくするのがないのかも知れませんが、駄菓子屋堂のお菓子は今の私が見ても心がわくわくします。

近所に小さい・・・ 岡山県 こねこちゃん様

近所に小さい駄菓子屋さんが3,4軒あって、母親に100円もらってよく買いに行ってました。その中でも、おじいさんがやっている駄菓子屋さんが特に好きでした。いつもやさしいまなざしで、見守ってくれているという感じがして、なんだかほっとした気分になったのを、子供心に覚えています。それにその駄菓子屋さんでは、お菓子を入れてくれる袋がおじいさんの手作りで、広告を適当な大きさに切って折り曲げてテープでくっつけただけの簡単なものなのですが、なぜかわたしはその袋が好きで、家で自分でおじいさんのを真似て作って、駄菓子屋さんごっこなんかをやったりしてました。今ではもうそのおじいさんも亡くなってしまい、駄菓子屋さんもなくなってしまいました。私も親になり、時々息子を大型スーパーの駄菓子屋さんに連れて行くのですが、時代の変化を感じて少しさみしくなり、あのおじいさんの駄菓子屋さんをふっと思い出したりしてしまうのです。

私の駄菓子・・・ 山口県 ミコ様

私の駄菓子の思い出は、小学生のときです。家の近くに駄菓子屋さんがあり、友達3~4人でいつも通っていました。100円でいろんな種類のお菓子が買えるので、私にとって駄菓子屋は天国のような空間でした。一番のお気に入りは10円のこんにゃくゼリーで全色買えるととても幸せな気分になっていました。いまだに駄菓子好きでよく駄菓子買っています。今ではスーパーにも駄菓子コーナーがあるのでいつも子供に交じって目を輝かせてます….

高校生の・・・ 島根県 himi様

高校生のとき、通学路に駄菓子屋さんがありました。店にはおばあさんがいつも座っていて学校帰りにはよく寄り道して帰りました。小学生よりも高校生のたまり場になっていて、そこに行けば子供に戻れるようなそんな雰囲気の店でした。今はもう閉めているみたいですが、店の前を歩くたびに懐かしいなと子供に戻りたくなります。

子供の頃・・・ 岡山県 みゆう様

子供の頃、お小遣いを持って駄菓子屋さんに行ったなんて思いではありませんが、中学生の頃、学校の近くのスーパーに駄菓子のコーナーがありそこで何時もおやつを買って学校に行ってました。最近よく懐かしい駄菓子と売っていますがこんなに高かったのかな?って思うのが先であまり懐かしさを感じられません。

子供時代に・・・ 広島県 まもりん様

子供時代には、何件か駄菓子屋があり、はしごをしたものです。ラムネ・アメ等は1個 5円からありました。50円玉をにぎりししめ、真剣に選んでいましたね。また、駄菓子屋のおばちゃんと良く「これ、まけてや~」と交渉しながら楽しんでいたような記憶があります。遊びも、外で遊ぶことが多かったので、池でザニガニ釣りをする場合は、駄菓子屋で「竹グシに刺さった味つきのスルメ」を買いしゃぶってから餌にしてザニガニを釣った思い出があります。よく釣れましたよ。今ではそのような遊びができない環境になってきていて、すこし、寂しいのもありますが・・・・・

時々だけど・・・ 広島県 じゅん坊様

時々だけどお金をもらえるとしっかりとにぎりしめて、近所の駄菓子屋に行きました。鉄板焼のお店だったので、駄菓子を選びながらいいにおいがして…。駄菓子は子供達、鉄板焼は大人達の世界って感じでした。少ないお金で欲しい物を選ぶ時間も、買うという行動も、食べる時間も幸せな気持ちでした。今でも駄菓子を見かけると買わずにはいられません。

駄菓子といえば・・・ 広島県 ぷかちょん様

駄菓子といえば、小学校の帰り道にあったタバコ屋さんが経営しているお店が印象的です。10円でくじ付のガムやアメを買って一喜一憂していました。買い食いは校則で禁止でしたが、校区の一番端に住んでいた私は帰るのに歩いて25分もかかるのでいつも休憩かねて寄り道していました。タバコ屋のおばあちゃんともすっかり仲良くなって、学校の話を聞いてもらったのを覚えています。最近の子供は、お菓子をコンビニやスーパーなどで買う事が多くなり、レジに持っていったらすぐにお金を払って店を出る。という人とのつながりを持つ場が減ってしまったように感じます。駄菓子が結んでくれる絆をまた見出せるような社会になればいいなぁと思います。

私が子供の頃・・・ 広島県 ミカン缶星人様

私が子供の頃は100円を持って駄菓子屋へ行き何と何を買うと100円で買えるか計算しながら買っていたものです。今思えばあれは知らず知らずのうちに暗算を勉強していたように思います。私は10円や5円のものを選び100円で出来るだけ個数を多く買うようにしていましたが、男子は1コ30円や50円といったちょっと高いものを選び数より質を重視していたようです。